法人案内

法人名
医療法人社団 弘冨会(いりょうほうじんしゃだん こうふかい)
https://www.iomhj.com/
設 立
法人化 2002 年 8 月 (神田東クリニック開設は1999年11月)
所在地
〒101-0046   東京都千代田区神田多町2-1 神田東山ビル3階・5階
代 表
理事長 島 淳
職員数
62 名(2016 年 4 月時点)
沿 革
1999年11月
神田東クリニック・産業精神保健研究所を神田松下町に開設
2002年05月
神田須田町に移転
2002年08月
医療法人社団 弘冨会設立
2002年12月
勤労者精神医療研究会を発足させ、同月第 1 回大会を開催
2003年04月
日本産業精神保健学会の事務局となる
2007年03月
京都烏丸御池に「MPS センター京都オフィス」を開設
2007年07月
産業保健専門医研究会を発足
2009年04月
厚労省策定「メンタルヘルス相談機関の相談促進事業」登録相談機関認定
2009年10月
機関誌「産業精神保健研究」を発刊開始
2009年10月
EAP 部門を「MPS センター」と改称
2012年08月
現在地に移転
2014年06月
プライバシーマーク取得
2014年12月
現在地同ビルに 1 フロア拡大
2015年04月
「MPS センター京都オフィス」を「MPS センター関西支部」と改称
2015年05月
リワーク「リワーク Labo.レジリオ」を開始

創設者 島 悟 初代理事長・院長

精神科臨床と精神科産業医経験を経て、働く人々の精神保健の増進と疾病予防に積極的かつ総 合的視点で取り組むことの必要性に着眼し、1999 年、勤労者のための診療と幅広いメンタル ヘルスサービスを展開する神田東クリニックを開設。
EAP をわが国に紹介(初代 EAP 協会会長)するなど、わが国の精神保健政策に貢献し、職域 における精神保健の先駆者として活躍した。

略 歴 
 
1951年
京都生まれ
1975年
慶應義塾大学医学部卒業
北里大学医学部内科学教室研修医
1980年
慶応義塾大学医学部精神神経科学教室助手
1982年
川崎市立川崎病院神経科医員
1987年
日本鋼管病院神経科医長・精神衛生室室長
1991年
東京経済大学経営学部助教授
1992年
国立精神・神経センター 精神保健研究所客研究員
1994年
杏林大学医学部衛生学教室非常勤講師
1996年
慶応義塾大学医学部精神神経科学教室非常勤講師
1997年
東京経済大学経営学部教授
1999年
医療法人社団弘冨会 理事長、 神田東クリニック院長
2000年
労働省産業医学総合研究所流動研究員
2001年
御茶ノ水女子大学大学院非常勤講師
2004年
京都文教大学・大学院非常勤講師
2005年
慶應義塾大学大学院健康マネージメント研究科非常勤講師
中国上海第二医学院・精神衛生中心 客員教授
世界精神医学会産業精神医学部門 部門長就任
2006年
京都文教大学人間学部臨床心理学科教授
2008年
京都文教大臨床心理学部教授・産業メンタルヘルス研究所所長
2009年
緑十字賞 受賞
永眠





主な著書


大西 守,島 悟(編):職場のメンタルヘルスハンドブック,学芸社,2000.
分担:職場におけるメンタルヘルス対策,労働調査会, 2000.
分担:産業カウンセリングハンドブック、金子書房, 2000.
分担:心の病―治療と予防の現在、労働調査会,2004.
編・分担:こころの病からの職場復帰,至文堂, 2004.
編・分担:EAP:こころの臨床アラカルト24巻,星和書店, 2005.
日本産業精神保健学会編:メンタルヘルスと職場復帰支援ガイドブック:
            残遺症状(後遺症状)と就業面の配慮,中山書店,
            2005.
島 悟:事例に学ぶ心のトラブル解決法,中災防新書, 2005.
分担:産業医のQ&A第8版,産業医学振興財団, 2006.
分担:働く人の心の健康の保持増進:新しい指針と解説,中災防, 2006.
島 悟:メンタルヘルス入門,日経文庫, 2007.
島 悟,佐藤恵美:ストレスマネジメント入門,日経文庫, 2007.
分担:産業精神保健マニュアル,産業精神保健学会編,中山書店, 2007.
分担:職場のメンタルヘルス、早期介入、予防、気分障害,医学書院, 2008.
医療法人社団 弘冨会(いりょうほうじんしゃだん こうふかい)
https://www.iomhj.com/

所在地
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-1 神田東山ビル3階・5階